コアトレーニングについて。どのようなトレーニングを行えばよいのか?

 

今日皆さんにお見せするのは昨日僕がやった体幹トレーニングをお見せしたいと思います。毎回毎回体幹トレーニングといってもメニューは自分で作って違うものをやるんですけど、それは筋肉に対して様々な違う刺激を与えていくことが重要だからです。昨日やったものは体幹を安定させながら四肢を動かすというものが中心です。そんなにスピードを速くせずに、フォームを保ったままで動けるものを選びました。

 

そして以前お見せしていた呼吸のブレッシングです。動作をしながら意識的に出来るもの、ブレッシングを保って動くことができるもの、それを選びました。ただ、動くものが多いんですよね。なぜ僕が昨日これをやっていたかというと、そして今日皆さんにお見せするのかというと一般的に思われている体幹のトレーニングとかコアトレーニングって言われているものが非常に動きが少ないんですね。僕は一番最初の段階で体幹部分のスタビリティ、つまり安定性が重要なのでまず安定させるということを覚えるためにプランクをやる、サイドプランクをやる、サイドプランクって横向きのプランク、スパインプランク、仰向けのプランクをやる凄く重要だし、僕もプログラムを組む時にクライアントの方に組む時にはそこからスタートします。それができるようになってそれに対して少しずつ動きを足して行くわけです。

 

それは凄く重要なんですけど、誰に対して重要かというと、やはり初心者の人に対して、体幹が使えてない人に対して重要だと思います。一般の人の場合でも、体幹のプランクや、スパインプランクやサイドプランクのように何秒間かぐっと固めるとその時にちゃんとしたブレッシングができてたとしても、それだけでものすごくダイエットの効果があるっていうものでは無いと思います。なぜなら消費エネルギーが非常に少ないからですね。動きの基礎を作るそして安定性の基礎を作るためにプランクをやることは凄く大事なことです。

 

是非正しいプランクはマスターして下さい。正しいプランクの方法に関しては今度この痩せる話じゃなくてね、肉体改造の話じゃなくてクエストチャンネルの一般のエクササイズのところで皆さんにお伝えしたいと思いますけれど。ただそのプランクをやってけばいいっていうことでは無いということを知って頂きたかったので今日は動いてみました。是非その動いている様子を見てこれがコアトレーニングなのかなっていう風にちょっと意識を変えて見ていただければなあという風に思っています。それでは見てみて下さい。

 

はい、いかがでしたか?今日はタイムベースじゃなくてレップベースでやりました。つまり回数です。今日のエクササイズに関しては全てのエクササイズに対して一つの物を20回やっています。例えば左右非対称の物の場合ね、片側20回、片側20回っていうふうにやってるんですが、左右対象の動きの場合はそのものを1回20回やっています。

 

トータルTIMEがインターバルも入れて27、8分でしたね。インターバルの時間はそんなに厳密に今日はタイマーを掛けて決めてた訳じゃないです。なるべく早く次のエクササイズに入ろうとはしていましたけども完璧なフォームで次のエクササイズが出来るようにするためのインターバルはある程度とってます。

 

とったうえでトータルが17分ぐらいで20分にはいってないということですね。その前の日にかなり心拍数を上げるものをやっていたので今日はそれほど心拍数を上げずに体幹部分を意識してブレッシングで安定させながら、つまり体幹のプランクをしっかり決めながらそれにともなって四肢は動いていると、手を動かす足を動かす。ただその時にプランクが崩れないようにすると、これが今回のテーマでした。これ昨日なんですよね。今日は今からクエストでマーシャル系のエクササイズ45分のマーシャルスキルアップが45分、そしてマーシャルのコリを実際にコンビネーションでやるやつ、これが45分ずつ2コマあるんでこれで今日はがっつり動きたいと思います。こんな感じです。皆さんも是非エクササイズ続けてくださいね。